男の手料理で寿司にはまってます!

男の手料理で寿司にはまってます!

夫婦に長男・長女の4人家族ですが、わが家では、日曜日の昼食は、“お父さんの手料理の日”として、私が担当することになっています。せっかく作りますので喜んで食べてもらいたいといろいろ創意工夫を凝らして作ってきました。

 

最初の頃は、パスタ、カレー、そうめん等月並なものでしたが、最近はだんだん進化してきました。最初に手がけたのは、手打ちそばでした。近くで蕎麦屋さんのそば打ち教室が開催されていましたので、1日でしたがあれこれ指導を受けた結果、自分で言うのもなんですが美味しい蕎麦が出来、さっそくわが家で試したところ好評を得ました。

 

これに気を良くし、その次に挑戦したのが寿司でした。これも、東京の開店寿司チェーンが開講している寿司作り教室に通い1日ですが指導を受けました。そこでは、鯵の三枚卸しのし方、巻物の作り方、シャリの切り方・握り方等初心者向けに丁寧に教えてくれました。その結果、自宅で家族の皆さんに、鉄火巻き、かっぱ巻き、マグロの赤味・中トロ握り、いか・たこのにぎりを出しましたところ初心者の割にはうまく出来まして好評を得ました。

 

今は寿司作りに更にはまり込み、いろいろとバージョンアップを図っています。それは、炙り寿司です。ガスバーナーを購入して行うのははなかなか大変ですのでガス台で炙るだけですが、これがなかなか、脂分が出てきてジューシーになり美味しさが倍増するのです。炙りに向いているのは、サーモン、ヒラメのエンガワなどです。

 

まだチャレンジしていませんが、今後はアボガドなどを入れたカルフォルニア巻などのサラダ系の挑戦したいと思っています。